鮮やかに染まったトサカ、鋭い眼光とくちばし。そして、ボリュームがありながらきゅっと引き締まった筋肉質な姿態。伊藤若冲に代表されるように、日本美術のモチーフとしてもその美しさを讃えられている鶏。2017年の干支でもあるこの鳥は、「とりこむ」と言う響きから商売や金運の縁起物ともされています。

新柄の商品一覧

日本では招き猫、エジプトではバステト、古来から不思議な力を持つと信じられてきた猫。特に神秘的なのがその瞳の美しさです。獲物に狙いを定める時、暗闇で目を凝らす時、大好きな飼い主を見つめる時。万華鏡のように表情を変える猫のまなざしは、私達を惹きつけてやみません。

新柄の商品一覧

文庫革を作る東京唯一の工房は、
スカイツリーの見える東京・向島にあります。

職人大関春子さんと、30人の職人さんたちが毎日、皮と向かい、筆と向かい、美しい文庫革工芸を製作しています。

ほとんどの工程が手仕事で、工房で行われます。文庫革のために特別に白くなめされた牛革を型抜きして裁断します。

ミリ単位の情緒あるラインを再現する銅版の型。絵の中にある全てのラインに命と気が籠められています。

彩色の過程はもっとも難しく、時間を要します。出来上りをイメージしながら、塗り、ぼかして、絵の立体感を出していきます。

柄によって使う塗料の色たちは、この小皿に残されそして記憶されて、ぶれないように同じ色が継ぎ足されていきます。

仕上げに漆を施します。これによって革全体に艶が生まれ、また汚れにくいコーティング効果を生みます。

さび入れという加工を施す瞬間。すべては職人同士の間合いで流れていきます。

“まこも”という植物の粉を振りいれて、型押しされ、彩色された表面に古びをつけていきます。この風合いが彩色された革全体に一段の渋みを与え、全体に深みが増します。

手仕事と自然素材から生まれる美しい工芸品文庫革のお財布は、日本が誇る美しい細工です。

しっかりと収納したい方におすすめの一番の収納力をもつ長財布です。札入れのポケットも3ヶ所ありますので、折らずにいれたいお札や領収証などをわけて収納することができます。カードポケットも12ヶ所ありますので、種類に応じて収めることができるのが嬉しいところ。小銭入れはがま口仕様で、たっぷりと収納でき見やすさも抜群です。一つの物にすべてを収めたいという方におすすめのスタイルです。

サイズ 19×10.5×2.5cm
仕様 カード収納数 12
札入れ収納内ポケット 3
がま口小銭入れ・外ポケット 1
価格 カラー ¥27,000+税 白 ¥26,500+税
長ガマ財布

すっきりと手に収まりの良い、スマートなフォルムの長財布。出来る限り金具を省くことでより軽量に、なおかつファスナー付きのコインスペースに片マチを配することで収納力も確保されています。かぶせにはスナップボタンが付いていますので、バッグの中で開いてしまう心配もありません。また、背面にはポケットが付いており、チケット類やレシートなどをさっと出し入れしていただけます。

サイズ 19×9.5×2.5cm
仕様 カード収納数 12
札入れポケット 3
ファスナー付小銭入れ・外ポケット 1
価格 カラー ¥24,000+税 白 ¥23,500+税
ファスナー長財布

コンパクトな作りで、大変使い勝手の良い財布です。がま口の小銭入れ部分は、マチのあるボックス仕様になっています。中に入っている小銭も一目瞭然で、探すのも出し入れも大変便利です。カードの収納にもたけており、収まる容量に対してコンパクトな仕様がうれしいところ。日々お使いいただくお財布として、おすすめのスタイルです。

サイズ 12.5×10.5×2cm
仕様 カード収納数 8
札入れポケット
がま口ボックス型小銭入れ(内ポケット付)
価格 カラー ¥19,000+税 白¥18,500+税
ガマ札財布

がま口の口金が特徴の大変スマートな小銭入れです。蛇腹のような作りとなっており、かさ張りが少なく、手の馴染みが良く、使い勝手も抜群です。中に仕切りがありますので、小銭を探しやすく、またカードの収まりも良いので名刺入れや定期入れとしても。また、着物の帯に添えたり、パーティの際など小ぶりなバックに入れるコンパクトな財布としてもおすすめです。

サイズ 13.5×9×1.5cm
仕様 小銭収納ポケット 2
カード収納ポケット 1
価格 カラー ¥9,000+税 白・黒 ¥8,500+税
ガマ口財布

名刺入れや定期入れにと用途に応じて重宝するシンプルなスタイル。内側に2つポケット、外側に1つポケットと、収納箇所が3ヶ所ありますので、種類別に分けて収納できる優れものです。また、文庫革は型押しによって柄が入っていますので、鞄から出す際に手になじむ質感が分かりやすいのが特徴です。鞄の中で見つけるのも早いので、必要な際にもたつく心配が解消されそうです。

サイズ 11.5×8×1cm
仕様 内ポケット 2
外ポケット1
価格 カラー ¥10,500+税
白 ¥10,000+税 黒 ¥8,000+税


古くから姫路で親しまれてきた比較伝統工芸品。文庫革の革小物は、室町時代より発祥しています。真っ白になめした牛⾰二型押しをし、一筆一筆彩色を施した後、真菰(まこも)という植物の粉をふりかけ古びをつけています。仕上げに漆で艶を出し完成するという、一点一点職人の手作業によって生まれる貴重なアイテムです。 水金地火木土天冥海では、この職人技の光る文庫革の美しさに惹かれ、現代のスタイルに合うようにとオリジナルの配色や水金らしいユニークなオリジナル柄でオーダーをかけたコレクションを取り扱っています。

水金の文庫革ができるまで
  • 文庫革を作る東京唯一の工房は、
    スカイツリーの見える東京・向島にあります。

  • 職人大関春子さんと、30人の職人さんたちが毎日、
    皮と向かい、筆と向かい、美しい文庫革工芸を製作しています。

  • ほとんどの工程が手仕事で、工房で行われます。
    文庫革のために特別に白くなめされた牛革を型抜きして裁断します。

  • ミリ単位の情緒あるラインを再現する銅版の型。
    絵の中にある全てのラインに命と気が籠められています。

  • 彩色の過程はもっとも難しく、時間を要します。
    出来上りをイメージしながら、塗り、ぼかして、絵の立体感を出していきます。

  • 柄によって使う塗料の色たちは、この小皿に残されそして記憶されて、
    ぶれないように同じ色が継ぎ足されていきます。

  • 仕上げに漆を施します。
    これによって革全体に艶が生まれ、また汚れにくいコーティング効果を生みます。

  • さび入れという加工を施す瞬間。
    すべては職人同士の間合いで流れていきます。

  • “まこも”という植物の粉を振りいれて、型押しされ、彩色された表面に古びをつけていきます。
    この風合いが彩色された革全体に一段の渋みを与え、全体に深みが増します。

  • 手仕事と自然素材から生まれる美しい工芸品文庫革のお財布は、日本が誇る美しい細工です。

2017年の新作

2017年の水金が新たに描き出した文庫革は、迫力満点でいてどこかユーモラス。
私達にとって身近でありながら、同時にどこかミステリアスでもある二種の動物に焦点を当てました。一瞬にして目を奪われるようなインパクトと、そこはかとない可笑しみが魅力の新作がお目見えです。

鶏頭

鮮やかに染まったトサカ、鋭い眼光とくちばし。そして、ボリュームがありながらきゅっと引き締まった筋肉質な姿態。伊藤若冲に代表されるように、日本美術のモチーフとしてもその美しさを讃えられている鶏。2017年の干支でもあるこの鳥は、「とりこむ」と言う響きから商売や金運の縁起物ともされています。

猫目

日本では招き猫、エジプトではバステト、古来から不思議な力を持つと信じられてきた猫。特に神秘的なのがその瞳の美しさです。獲物に狙いを定める時、暗闇で目を凝らす時、大好きな飼い主を見つめる時。万華鏡のように表情を変える猫のまなざしは、私達を惹きつけてやみません。

水金の文庫革の種類
    種類から選ぶ
がま長財布

しっかりと収納したい方におすすめの一番の収納力をもつ長財布です。札入れのポケットも3ヶ所ありますので、折らずにいれたいお札や領収証などをわけて収納することができます。カードポケットも12ヶ所ありますので、種類に応じて収めることができるのが嬉しいところ。小銭入れはがま口仕様で、たっぷりと収納でき見やすさも抜群です。一つの物にすべてを収めたいという方におすすめのスタイルです。

サイズ 19×10.5×2.5cm
仕様 カード収納数 12
札入れ収納内ポケット 3
がま口小銭入れ・外ポケット 1
価格 カラー ¥27,000+税 白 ¥26,500+税
ファスナー長財布

すっきりと手に収まりの良い、スマートなフォルムの長財布。出来る限り金具を省くことでより軽量に、なおかつファスナー付きのコインスペースに片マチを配することで収納力も確保されています。かぶせにはスナップボタンが付いていますので、バッグの中で開いてしまう心配もありません。また、背面にはポケットが付いており、チケット類やレシートなどをさっと出し入れしていただけます。

サイズ 19×9.5×2.5cm
仕様 カード収納数 12
札入れポケット 3
ファスナー付小銭入れ
価格 カラー ¥24,000+税 白 ¥23,500+税
がま札財布

コンパクトな作りで、大変使い勝手の良い財布です。がま口の小銭入れ部分は、マチのあるボックス仕様になっています。中に入っている小銭も一目瞭然で、探すのも出し入れも大変便利です。カードの収納にもたけており、収まる容量に対してコンパクトな仕様がうれしいところ。日々お使いいただくお財布として、おすすめのスタイルです。

サイズ 12.5×10.5×2cm
仕様 カード収納数 8
札入れポケット
がま口ボックス型小銭入れ(内ポケット付)
価格 カラー ¥19,000+税 白¥18,500+税
がま口財布

がま口の口金が特徴の大変スマートな小銭入れです。蛇腹のような作りとなっており、かさ張りが少なく、手の馴染みが良く、使い勝手も抜群です。中に仕切りがありますので、小銭を探しやすく、またカードの収まりも良いので名刺入れや定期入れとしても。また、着物の帯に添えたり、パーティの際など小ぶりなバックに入れるコンパクトな財布としてもおすすめです。

サイズ 13.5×9×1.5cm
仕様 小銭収納ポケット 2
カード収納ポケット 1
価格 カラー ¥9,000+税 白・黒 ¥8,500+税
カードケース

名刺入れや定期入れにと用途に応じて重宝するシンプルなスタイル。内側に2つポケット、外側に1つポケットと、収納箇所が3ヶ所ありますので、種類別に分けて収納できる優れものです。また、文庫革は型押しによって柄が入っていますので、鞄から出す際に手になじむ質感が分かりやすいのが特徴です。鞄の中で見つけるのも早いので、必要な際にもたつく心配が解消されそうです。

サイズ 11.5×8×1cm
仕様 内ポケット 2
外ポケット1
価格 カラー ¥10,500+税
白 ¥10,000+税 黒 ¥8,000+税
    種類から選ぶ
    柄から選ぶ
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner