COLLECTION

AUTUMN - WINTER 2017


2017年秋冬コレクション‘PONCH PUNCH’は7色に輝く山からやって来た、
明るく強い先住民の女性像を描いている。
‘PONCH PUNCH’というタイトルは言葉遊びをしているなかで、音の響きが気に入って決まった。
舞台となるアルゼンチンの北西にあるフフイ州のプルママルカは、
世界遺産であるウマワカ渓谷のふもとにある町のひとつ。
そこに棲息するリャマやサボテン、先住民たちのスピリット、そして七色に輝く山がモチーフとして登場する。

  • Mariana Cortés(マリアナ・コルテス)

    1972年アルゼンチン、アリベーニョス生まれ。
    ブエノスアイレス大学でファッションデザインを学び、1998年Juana de Arcoを設立。2005年秋冬よりランウェーに参加、南米の伝統手工芸等を用いた心温まるコレクションを展開。デザイナーである傍ら、Proyecto nido(プロジェクト・ニード)というソーシャル・プロジェクトも立ち上げ、自国の失業・経済問題、若手アーティストの育成、南米手工芸の復興、村おこしなど、アートとデザインの力で様々な<救出>活動を行っている。アルゼンチンを、泉のような無限の想像力で、デザイナーとして、アーティストとして、そして企業家としてプロモートし、人々に希望をもたらしている。2011年に第一子を出産。2013年に第二子を出産し、働く2児の母としてもパワフルに活躍するアルゼンチンの中心的デザイナー。