9月も下旬にさしかかり、秋の空気を感じるようになりましたね。
まだまだ暑い日もありますが、高い空と少し乾いた空気に変わり、
身の回りの装いも徐々に秋めいてきました。
秋は結婚式などパーティーやイベントごとも多い季節。
Sweet Peaの秋冬コレクションを黒いドレスにコーディネートしながらご紹介いたします。

こちらはJAY BIRDというコレクション。
デザイナー、シボーンが朝起きたときに窓のすぐそばの木に止まっていた
茶色いJAY BIRD(カケス)をそばで見たときに、
茶色の羽の隙間に光沢感のある美しいブルーの羽が見えて
シックなカラーのコントラストにインスピレーションを受けたところから生まれたこのテーマ。

ブラウンやアンバーカラーの石にブルー、パープルなどが混じりあい、
秋冬の装いにリッチさを出してくれます。鳥の羽を思わせる大胆なカットのカラーストーンも
どこか有機的な曲線で、秋深まった季節感にきれいにマッチングしてくれそうですね。

Fabulaous Fringeのコレクションは、1920年代のハリウッド女優、ルイーズ・ブルックスの前髪をイメージして。
真っ直ぐの前髪に短いボブカットで斬新なスタイルで一世を風靡したルイーズは、
新しい女性の美しさを世界に表明したとも言われています。
当時にして、新時代のミューズとも言えるルイーズをコンセプトにしたFabulous Fringeは、
H.P.FRANCE BIJOUXのためにデザインをしてくれたPrecious Collectionです。

贅沢なゴールドフリンジのシルエットがくっきりと浮かび上がる黒などのダークカラーのお洋服と合わせて
コーディネートをしていただけるとより一層のグラフィカル感を楽しめます。

最後は、H.P.FRANCE BIJOUX各店でもとても人気の高いこのテーマは、
ブラック・ホワイト・グレーのダイヤモンドをセットしたミニマムなデザイン。すべての要素をそぎ落とすことで
ファッション性とモード感が生きてくることがある―そう考えてこのコレクションを閃いたとのこと。
3つの小さなダイヤモンドから、シャープに真っ直ぐ落ちる長いチェーンのネックレス。
Y字を描くシルエットはSweeet Peaを代表するシルエットでもあり、女性のセクシーさが引き立てられます。
9月21日(木)にH.P.FRANCE BIJOUXは15周年を迎えます。
15年で8つの店舗ができ、そこで出会ったお客様や、
クリエイション豊かなジュエリーたちが私たちのすべてです。

15・8=∞(無限大)
というコンセプトでSweet PeaとLIA DI GREGORIOに限定品を依頼しました。
Sweet Peaはオクタゴン(8角形)のネックレスとピアスを提案してくれました。
8角形は、すべての方位から守られ、そして無限の広がりを表すといわれています。
15個のダイヤモンドが光る美しいデザイン、まさにプレシャスな仕上がりになりました。
無敵のお守りになりますように。

國吉 祐子
H.P.FRANCE BIJOUXディレクター兼
企画室LOVE&GIFTクリエイティブディレクター


2002年入社
H.P.FRANCE BIJOUX丸の内店のオープニングスタッフとして入社し、
同店舗の店長を経て以降、6店舗首都圏や中心都市にBIJOUX各店舗の出店を手がける。
現在7店舗となるH.P.FRANCE BIJOUXのディレクションと
12年からスタートしたH.P.FRANCEのギフトプロジェクト「LOVE&GIFT」を担当。
実店舗のサービス、演出、商品企画など多角的に取り組みブランディングを行っている。
H.P.FRANCE BIJOUX銀座店がGINZA SIXにてオープン。
オフィシャルサイトにコラム執筆中

http://www.hpfrance.com/bijoux/column/