スペイン北西部、ガリシアを拠点としてコレクションを作り続けるD-due。
2017秋冬コレクションを、彼らが日々過ごすサンティアゴのお気に入りの場所で撮影をした。
主な舞台となったこの場所はガリシアの中心地でキリスト教巡礼地の最終地点。
1600年代頃から続く歴史ある石造りの街と大自然に囲まれ人々が笑顔で生活している。
過去への敬意を持ちながら、イノベーションしていく彼らの暮らしは、
まさに老舗ドレスメーカーとしての背景を持ちながらも毎シーズン新鮮なコレクションを発表し続ける
D-due(デ・ドゥエ)の精神に深く根差している。

そんなクラシカルでラスティックな空気を感じられる写真と共に、2017秋冬コレクションを紐解いていく。

  • サンティアゴ旧市街にあるアバストス市場は1世紀以上も前に作られ、石造りの重みのある建物に、野菜、フルーツ、魚介からスピリッツまであらゆる食材が並ぶ。日常的な風景の中で、秋冬コレクションのエレガントな衣裳がコントラストを与える。

    1,
    表と裏のギャップがユニークなデザインは、サイドから見る洋服のシルエットも印象的。燕尾服とタックブラウスを組み合わせたようなクラシカルなデザインがこの歴史ある風景を思わせる。

  • 2,
    同じく旧市街の路地裏で撮影された一枚。
    (左)柔らかで上品な色合いのキャメルはガリシアの街並みに溶け込み、ディティールに洗練されたネイビーを掛け合わせることで凛とした女性の強さも表現されている。
    (右)トップスはサイドに大きなスリットが入っていて、パンツのポケットに手を入れても洋服のバランスが崩れないようにデザインされている。
    前面に細かいタックのような素材を配し、こちらもクラシカルな印象に仕上げでいる。

  • デザイナーのチャロが週に何度が訪れると言う公園は緑豊かな場所。
    木々の間から優しい木漏れ日が差し込み、晴れた日はここで散歩や読書を楽しむ。

    3,4
    コットンのブラウスやスカートをさらりと合わせ、心地よい風を感じられるような抜け感あるコーディネート。
    シンプルなアイテムはキャンバスと見立て、大胆でユニークなイラストでアクセントを加えている。

  • アルフレドの手描きのイラストが入っている
    定番シルエットのブラウス。
    一つ一つ筆跡やアウトラインが異なり、
    まさに1点もののアートのような存在。

    トップス ¥ 30,000+TAX

アルフレドの手描きのイラストが入っている
定番シルエットのブラウス。
一つ一つ筆跡やアウトラインが異なり、
まさに1点もののアートのような存在。

トップス ¥ 30,000+TAX

D-dueは毎シーズン、コレクションをデザイナーが興味を持った
映画や文学からインスピレーションを得て制作している。
CIGACと呼ばれるコンテンポラリーアートの美術館やNUMAXという
ミニシアターを併設しているアートブックショップは彼らのアイデアの泉とも言える場所。
そんな彼らの2017秋冬コレクションは、イタリアの画家、モランディの絵を盗む出す絵画泥棒が主役。
二人が大好きなモランディのセンスを丸ごとを盗みたいと言う
彼らのユーモアもこめられた作品になっている。

NUMAXで撮影された一枚。
実際にここの本屋で見つけた映画からコレクションが作られていることもある。
カウンターバーもあり、店員にお勧めの本や上映している映画についても聞ける。

5,毎シーズン定評のあるデニムシリーズはD-dueのコレクションにも欠かせない。
風合いの違うデニムのセットアップ。

6,デニム風の素材にブリーチ加工を施し、モランディの作品に表れる
柔らかなグラデーションを表現したワンピース。
洗いをかけたことで柔らかな風合いに仕上げた。

  • カットしたまま縫製し、洗いをかけたことで
    クラッシュさせたポケットが印象的な一枚。
    ストレッチがあり、ドロップショルダーで
    肌なじみも良い。

    トップス ¥ 24,000+TAX

カットしたまま縫製し、洗いをかけたことで
クラッシュさせたポケットが印象的な一枚。
ストレッチがあり、
ドロップショルダーで肌なじみも良い。

トップス ¥ 24,000+TAX

リアンショと呼ばれる海と緑に囲まれた場所に、D-dueのファクトリーがある。
広い敷地には、デザインスペースから、縫製、パターンメイキングのワークスペース、
製品管理室までの全てがまとまっており、常にデザイナーとスタッフたちが家族のように生活しながら
コミュニケーションを取れるような環境が整っている。
デザインしてから縫製まで非常に近い場所で行い、サンプル作成から生産管理までを同じ建物で行うことで、
デザイナーの意志が最後まで伝わる、一貫した品質を保つことが出来るという。

数ある素材の中からこだわって選び抜かれた上質な生地を、
熟練の職人技で縫い上げていく。
ファクトリーの環境が非常に細やかでクオリティーの高い製品作りを可能にしている。

7,三段の切り替えに所々に施されたタックが立体的なシルエットを生む。
隠されたような小さなポケットは裏地も可愛い。

8,構築的でアシンメトリーなシルエットは計算されたパターン力が生きている。

  • 三段の切り替えに所々に施されたタックが
    立体的なシルエットを生む。
    隠されたような小さなポケットは裏地も可愛い。

    スカート ¥ 35,000+TAX

三段の切り替えに所々に施されたタックが
立体的なシルエットを生む。
隠されたような小さなポケットは裏地も可愛い。

スカート ¥ 35,000+TAX

  • D-due
    スペイン・ガリシア地方を拠点とした老舗ドレスメーカーが発祥のブランドD-due(デ・ドゥエ)。
    デザイナーはロサリオ・フロハンとアルフレド・オルメドの二人。布に直接施されたペインティングに代表される、オートクチュールのように細部までこだわり抜かれたデザインと、ユニークで上質な素材、熟練したパターンメイキングによる着心地の良さが最大の魅力。コンセプトとストーリー性に富んだコレクションを毎シーズン発表し続けている。 布に直接施されたペインティングに代表される、オートクチュールのように細部までこだわり抜かれたデザインと、ユニークで上質な素材、熟練したパターンメイキングによる着心地の良さが最大の魅力。 コンセプトとストーリー性に富んだコレクションを毎シーズン発表し続けている。