夏のD-dueといえばリネン。
日本の女性のために新しくデザインした“High Summer Collection”から派生した
“Sketch Collection”は今シーズンで2回目となる。
スケッチというのは、元となるモチーフから素早くアウトラインだけを抽出した簡単なドローイングで、
アイデアに基づいて自然から着想を得て素早く、特徴をアウトライン化したシリーズ。
シンプルながらも体を美しく見せてくれるカッティングや、
女性らしさをさりげなく演出するディティールにも注目。

  • リネン/ソルビアッティ

    リネンの最高峰と呼ばれるイタリア・ソルビアッティ社の上質なリネンを使用している。繊細な平織りで軽い透け感とリネンらしいハリのある風合い、さらっとしたシャリ感が心地良い。肌に乗せたときの初々しさ、夏の風を含みふわりと軽やかに馴染んでいく涼しげな佇まい、着る人をより美しく見せてくれる。

  • ワンピース

    深い赤は女性が本来持つ魅力を奥から引き出すかのよう。スッキリとした身頃と対照的なギャザーのボリューム。

    buy

    パンツ/ストール

    左)パンツ:D-due定番といえるタックパンツ。気になるヒップ周りをフォローしながら美しいシルエットをつくる。
    右)ストール:麻紐で刺繍されたトカゲの存在感がアクセント。夏に活躍の大判タイプ。

    buy
  • トップス

    オープンカラーでメンズライクな胸元には華奢なアクセサリーを合わせたい。ギャザーで絞ってシルエットのアレンジを。

    buy
  • ワンピース

    たっぷりと素材を使用しゆったりとしたシルエットはぬけ感をつくりつつ、フロントの丈を短くすることで、エッジの効いたモード感も残す。

    buy
  • ワンピース
    ¥46,440

    buy
  • トップス
    ¥46,440

    buy
  • トップス
    ¥33,480

    buy

夏が待ち遠しくなるSketch Collectionを紹介した後に、
是非読んでもらいたいのがD-dueのデザイナーたちが住むスペイン・ガリシア地方での夏のエピソード。
自然が豊富なガリシア地方。彼らが目に見、感じるものはどのようなものなのか、
彼らのエピソードの中に少しだけお邪魔して、一緒にボートに乗って、ビーチを歩いて、
草花の香りを吸い込み、吹き抜ける風の音に耳をすまして、ガリシアの夏を一緒に感じて欲しい。

ONS ISLANDは大西洋・ガリシアにある国立公園の中でも私たちのお気に入りの島。
天国のような白い砂のビーチと美しい花で作り上げる道は船を導く灯台まで繋がっている。
豊富で新鮮な水のおかげで、人々は昔から住むことが出来、
ガリシアが誇る料理の一つである、“pulpo a feira”と呼ばれるタコ料理ができた。
また、ONSは自然に出来た障壁によって、西風や南西風から海岸を守られており、カキの養殖がさかんになった。
夏のあいだに小さなボートに乗ってONSへ行くのが私たちの楽しみだ。

  • スペイン・ガリシア地方を拠点とした老舗ドレスメーカーが発祥のブランドD-due(デ・ドゥエ)。デザイナーはロサリオ・フロハンとアルフレド・オルメドの二人。
    布に直接施されたペインティングに代表される、オートクチュールのように細部までこだわり抜かれたデザインと、ユニークで上質な素材、熟練したパターンメイキングによる着心地の良さが最大の魅力。
    コンセプトとストーリー性に富んだコレクションを毎シーズン発表し続けている。