スターリングシルバーやゴールドに刻まれた文字が、素材そのものが持つ力強さと美しさを際立たせるSERGE THORAVALのジュエリー。そこにあるのは、接吻と愛についてのロマンテックな詩や、哲学者の言葉、家族で過ごした思い出から生まれた一節など、心に響くメッセージの数々。「永遠に続くものを作りたい」彼の言葉のとおり1992年、PARISで自身のコレクションをスタートさせてから現在に至るまで【永遠の定番】として人々に愛され続けている。

1999年、交通事故により他界。以後パートナーであるジュヌヴィエーヴにより引き継がれる。ブランド創立から20年を経た2014年、息子のロックがアトリエに加わり新たなスタートを切った。

ATELIER

刻印するという行為は、不器用で寡黙なセルジュにとってDire(語る、話す)に代わる彼らしい表現手段だった。丁度よい力具合で叩かれたメタル片は、彼の意志のままに曲がり刻印がされ完璧な形のジュエリーになる。彼が他界した今、PARIS10区のアトリエでは、ジュヌヴィエーヴとロック・トラヴァル、かつてセルジュと共に作業していた職人によって、その魂が引き継がれ製作されている。もちろんその仕事のやり方は何一つ変わっていない。

Collection