4月の花器 Tse&Tse associees

4月の花器 Tse&Tse associees

4月の花器 Tse&Tse associeesツェツェ・アソシエ

自由に美しく花を活けられるように、そんな願いの叶う花器


デザイナーのカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワは、1984年にパリの国立工芸学院で出会い意気投合。卒業後の1992年、Tsé&Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)を設立。キューブ状の和紙を重ねたガーランドのような「キューブライト」、かんざしをモチーフに作った「ゲイシャのランプ」など、数々のユニークな商品を生み出し、一躍人気のクリエイターとなった。彼女たちのクリエイションは、2人がパリで日常的に出会うさまざまな素材から膨らませたり、ヨーロッパ各地やアフリカ、とりわけ日本やインド、トルコなどの旅先で得たインスピレーションから発想され、世界中のファンを惹きつけている。

4月の花器
Tsé&Tsé associéesのデビュー作である「4月の花器(Vase d’avril)」。21本の試験管が連なる独創的なデザインのこの花器は、発売と同時に世界中で人気を博し、パリのポンピドゥー・センターの永久定番商品にも選ばれた二人の代表作である。当時のフランスには花を“ちょっとだけ挿す・飾る”という文化がなかったが、二人は生け花の剣山を持っており普段からよく使っていたため、どこに花を挿すか自分で決められる剣山の利点にインスパイアされたという。生け花のように2、3本だけ花瓶に挿しても完成する、少ない花でも綺麗にアレンジできる花瓶を作りたかった。こうして「4月の花器」は生まれた。元々試験管に興味があった二人は、自由自在に動かせて、挿したいところに花を挿せるこのデザインを思いついたという。「4月の花器」のプロトタイプはカメラのフィルムケースと、シルバーのラッカースプレー塗装で作られた。初めての展示会ではまだデビュー当時でお金が無く、本物の試験管が買えなかったため、そのプロトタイプを展示したという。デザイナーが意図した通り、自由自在に使えるのがこの花器の魅力。長く伸ばして使っても、くしゃくしゃに寄せて使っても良いし、一番端の試験管を抜き取り、もう一方の端の試験管に留め金をつなげて輪にして使っても良い。もう一つ別の花器をつないで思い切り長くして使う、なんていう使い方もできる。そして、誰が、どう活けても素敵なアレンジができあがる、そんな気楽さと自由さが魅力的な唯一無二の花器なのである。

全2アイテム